iphoneとAviutlとStudio oneで速攻弾いてみた(エレキギター)を投稿する方法(動画編)

スポンサーリンク

こんにちは。本日は前回の記事の続きを書きたいと思います。

こんばんは。 みなさん、毎日youtubeを見ていますよね?特に私のようにギターなど楽器を嗜んでいる方は、「弾いてみた」を周回して...

「弾いてみた」が“動画”“音声”で成り立っていることは前回解説したかと思います。今回は“動画”の作り方を細かく伝授致します!!

必要な道具は以下の2つです。

・iPhone

・Aviutl

Aviutlのインストールはそこそこ手間がかかります。まあこのくらいのパソコン慣れは必要かと思います。

私がインストールする際に参考にしたサイトを載せておきます。

AviUtlの易しい使い方

全ての手順が載っておりわかりやすいかと思います。

※「導入」の節までは必ずやってください。

道具はそろいましたか?それではスタートです!!

“動画”を撮る

まずは“動画”の撮り方を解説していきます。

使うのはいつも皆さんのそばにあるiPhoneです。「カメラ」の「ビデオ」で録画をしましょう。

曲に合わせてギターを弾く絵が欲しいわけですから、まずはiPhoneを自分の手元が映るような場所に置き、録画ボタンを押して、素早くコピーする曲の音源を流し、ギターを弾きましょう。弾き終わったら、録画ボタンをもう一度押して撮影終了です。

とりあえずiPhoneで撮った動画がコチラです。(笑)

ひどいもんですね。(笑)

“動画”から音を削除する

次に撮影した動画から音声を削除します。撮影した動画にはエレキギターの生音が入ってしまっています。よって動画から音声を切り離すわけです。

音声を削除するには、PCで編集しますから、撮影した動画をiPhoneからPCへ移動させる必要があります。

メールで送るには動画ファイルのサイズは大きすぎます。ファイル共有サービス(Dropbox,Evernote,Google drive等)を使う手もありますが、それよりも私はYoutubeへ一旦アップロードすることをオススメします。

※windowsに関するオススメです!!MacならもちろんAirdropが良いと思います!!!!!

Youtubeには比較的大きいサイズの動画ファイルをアップロードすることが可能ですし、アップロードした動画はMP4形式で簡単にダウンロードすることができます。

実際の流れを画像で解説します。

①:撮影した動画の再生画面(赤丸を押す) ②:Youtubeを選択 ③:タイトル、説明、カテゴリ、公開・非公開とりあえず何でもよし。タグはいらん。画質はひとまず標準でいいでしょう。

これで少しの待機時間の後、Youtubeに撮影した動画が投稿されます。

続いて、PCからYoutubeにアクセスし、動画をダウンロードしましょう。

Youtubeのトップから自分のアイコンをクリック→「マイチャンネル」

上のような画面が表示されます。今回アップロードしたのは一番左の動画ですね。

「チャンネルをカスタマイズ」→「動画の管理」

以下のような画面が表示されます。今回アップロードした動画サムネイルの右側にある3つの点のマーク(赤丸)をクリックします。

すると、

「ダウンロード」を選択すると、MP4形式でダウンロードされます。

これで動画をPCに移動させることができましたので、動画から音声を削除したいと思います。

ここでAviutlの登場です。

起動した直後の画面です。「拡張編集」ウィンドウに先ほどダウンロードした動画をどこでもいいのでドラッグ&ドロップします。

ドロップ後の画面がこちらです。

「OK」を押します。

「動画ファイル[標準描画]」の画面は消しましょう。

拡張画面を操作して動画の音声を消します。

拡張編集画面の現在の状態です。

Layer1という欄には動画が、Layer2には音声ファイルが入っています。この音声ファイルを削除すればOKなのですが、この2つはグループ化されており、別々に消すことはこの時点ではできません。

そこで、どちらかのファイルの上で右クリック→「グループ解除」を選択します。

そうすると音声ファイルのみが選択できるようになるので、選択して「Delete」キーか、右クリックして「削除」を選びましょう。

削除完了です。

一番大きなウィンドウの「ファイル」→「編集プロジェクトの保存」を選択して、この状態を保存しておきましょう。

”音声”を作成したのち、“動画”とくっつける時にこのプロジェクトをまた使います。

※何かエラーが出て最後まで行けなかった場合、Aviutlファイルの格納場所、特にプラグインの場所が間違っている可能性が高いです。冒頭で紹介したAviutlの導入記事にはファイルの正しい階層まで書いてありますのでご参照ください。

以上が“動画”の作成編です!

“音声”編でお会いしましょう。長々とおつかれさまでした!