iphoneとAviutlとStudio oneで速攻弾いてみた(エレキギター)を投稿する方法(ざっくり)

スポンサーリンク

こんばんは。

みなさん、毎日youtubeを見ていますよね?特に私のようにギターなど楽器を嗜んでいる方は、「弾いてみた」を周回しているのではないでしょうか?

弾いてみたってとても憧れますよね。「嗜む程度の自分にはとても真似できない・・・・」「弾いてみたは天才がやるものだ・・・」

そんなことはありませんよ!!

一生リスナーでいる必要はありません!今日卒業しましょう!みなさん私と一緒にyoutubeデビューしませんか!?!?!?

弾いてみたの上げ方(ざっくり)

(本当にざっくりです。超詳しいやり方は以下の記事に書いています。)

リンク:

とはいいつつ、私も弾いてみたを上げ始めたのはほんの最近なんです。いざやってみると思ったよりも結構簡単だったので、皆さんにご紹介しようと思った次第でございます。

まず大まかに説明すると、一般的な弾いてみた動画は、

“動画(音無し)”と”録音音源”を組み合わせたものが多いです。ここではもっとシンプルに、

としましょう!弾いてみた=”動画”+”音声”です。この方程式を覚えてください。(笑)

少し詳しく

わかりやすいとは思いますが、これだけ見ると、「”動画”ってどんな動画?”音声”ってどんな音声?」となりますよね。

次にもう少し詳しく説明します。

“動画”とは、iPhoneで撮影した動画のことです。つまり、皆さんが楽器を弾いているところを撮影した動画です!!なるほど!!(笑)

でも、iPhoneで撮った動画をそのままYouTubeに載せてもしょうがないですよね。動画の録画ボタンを押して弾き始めて、いきなり完璧に弾けてしまう人もいるかも知れませんが、結構少数派だと思います。(笑)

そのようなハイレベルな人であれば、スタジオでアンプを通して弾いている動画をそのまま上げても「弾いてみた」に十分なり得るでしょう!!

しかし、一発で完璧に弾ける自信がない・・・細部にもこだわりたいという方は、弾いている絵だけ撮って、動画に入っている音だけ消して、あとから別撮りの音源をくっつけるのが簡単ですよ。

この「別撮りの音源」が先ほどの“音声”です!!

こちらの方が複雑なので流れを解説します。

DAW(studio one)にバックの演奏となる伴奏の音源のファイルをドラッグ&ドロップしましょう。(1つトラックができる)

新たなにトラックを1つ作成し、メインとなる自分の演奏を録音する。

2つのトラックのタイミングを合わせる

ミックスダウン(2つを合わせた音源)を作成する

このミックスダウン“音声”の完成品です。

自分がyoutubeの視聴者に聞かせたい”音声”を作りましょう。

(イメージ画像です)

(ちなみに、伴奏音源を再生しながら自分の演奏を録音すればタイミング合わせの必要がなくなります。まあ一発撮りとほぼ同じになってしまいますが。。。)

そして“動画”“音声”Aviutlで編集してくっつければ晴れて弾いてみたの完成です!!

(“動画”上の音声はAviutlで消すことができます)

「弾いてみた」を投稿する仕組みが理解して頂けたでしょうか?

案外簡単そう!やりたい!と思ったあなたには全部マネすればそのまま弾いてみたをアップロードすることができる記事を用意しました!!!ぜひ参考にしてください。

リンク:

まとめ

それではまとめです。

みなさんも弾いてみたデビューする心の準備はできたでしょうか??

では実際にアップロードしちゃいましょう!

リンク: