採譜・耳コピ・音感を身につけるコツ”音の答え合わせをする”

スポンサーリンク

こんちは〜。なべでぇ〜す。
先日耳コピの実践的なコツとして”メロディーを口ずさむ”ことが、効果的な耳コピ上達の方法であることをご説明しました。以下の記事です。

お世話になっております。ワタナベでございます。 本日は耳コピの中々出来るようにならない未来のギターヒーローに向けて、耳コピを習得するた...

しかし、メロディーをドレミで口ずさむには、”どの音がドレミなのか”をまずは正しく自分の中で解釈出来ている必要があります。

本日は、”どの音がドでどの音がレでどの音がミなのか”を正しく認識できるようになるトレーニング方法を紹介します。
耳コピできるようになりたい方々は要チェック!

1.何が”ド”なのか?

ギターはおおよそ、押さえるフレットによって出る音が決まる楽器です。そのため、どのフレットが何の音か知っていないと耳で聞いた音を指板上で再現することは出来ないですよね。

近年はtab譜というものがあり、フレットを数字で確認することが出来ますからどのフレットがドでどのフレットがミなのかなんて知る必要ないかもしれませんが・・・
しかし、tab譜を使い続けているといつまでも耳コピは出来るようになりません。

また、半音下げするだとか、keyを変えて演奏しましょうとかなった時にもすぐ対応出来ませんよね。

自分で”ド”の音を発することが出来るか否かはその後のギターライフに大きな違いをもたらしますよ。

2.音の答え合わせ(実践編)

2-1.ピアノに聞く

さて、ここからは実践編です。

何をすればその音がどの音名なのかわかるようになるのか?

それは、正解の音程を口でマネするしかありません。
正確な音程は自分の中には無いと思いますので、まずはピアノさんに聞きます。
ピアノで例えば”ド”を弾いて、まずは正解を知るわけです。

家にピアノないよ!って人もご安心ください。
お手元のスマホを使って”ピアノ”でアプリを検索してください。
すると、画面上でピアノを弾ける無料アプリがいくつか出てくるかと思います。

これを使って、まずは”ド”を弾いてみましょう。
私はiPhoneアプリの「ピアノ-ぴあの 鍵盤 リアル-Piano」とかいう検索して一番上に出てくるアプリをダウンロードしました。

以下がアプリの画面です。
ピアノアプリ

赤枠で囲まれている鍵盤を押してみましょう。出た音がドです。
音が高いor低くて声に出せないという場合は、

  • 左にスクロール:低い音の出る鍵盤
  • 右にスクロール:高い音の出る鍵盤

に切り替わりますので、それで対応してください。
(C□と書かれていればどこでもいいですよ、全部ドです。)

このピアノの音をマネして声出しします。
「ド〜」でもいいですし、「ア〜」でも「オ〜」でも良いです。
(今後のことを考えると「ド〜」がオススメです。)

でも、これだけだと自分が発している音がドの音程かどうかなんてわかりませんよね?
これをチェックするためのツールがあります。それを次の章で紹介します。

2-2.チューナーに話し掛ける

“チューナー”という言葉をご存知ですか?
そう、ギターを弾く人なら初めに習うであろう、あのチューナーです。

KORG クリップチューナー

このタイプのチューナー、見たことありますよね?
これでもいいですが、クリップチューナーは弦の間近で音を拾うように出来ているため、結構大きい声を出さないと反応しません。

そこで、アプリです。
またアプリストアで検索しましょう。
「楽器チューナーLite by Piascore」というアプリを今回は使います。
(このアプリ、Androidにはないようです。でも、他のチューナーアプリも沢山ありますから、探してみてください。)

楽器チューナーLite 

これがメイン画面。
赤丸で囲った音叉マークのスイッチを押してみましょう。

画面にくっきりとアルファベットやら数字やらが出てくるかと思います。
この状態が音を拾っている状態です。
「ド〜」とやってみましょう。

楽器チューナーLite チューナーモード

だいたい合っていれば↑の画像のようになります。(私は音感ありますね。えっへん)
ドであれば”C”と出てくれば合ってます。
(ドレミファソラシドが、CDEFGABCと対応しています。これは覚えておいた方がいいです)

このように、自分の発した音がどの音程なのか示してくれるので、「音の答え合わせ」ができるわけです。
簡単でしょ?

これを繰り返していけば、だんだん正しい”ド”がわかってきます。
他の音名に関してもやってみましょう。おそらく1個出来れば他はすぐに出来るようになりますよ。

特にカラオケによく行く、歌に自信がある、という方は「出てる音程を真似する能力」は高いでしょうから、すぐに上手くなると思います。

まとめ

・どの音程が”ド”の音かわからないと耳コピは出来ましぇん!
・ピアノさんが正解を知っているので弾いてみてそれをマネしましょう
・自分の発している声の音程が”ド”なのかどうかチューナーさんに聞きましょう

以上です。まずはここから。