7/4 トレード日記<今後の投資方針決定>

スポンサーリンク

今後の投資方針が固まった1日。

先週〜今週は反省点が多く、基本方針からズレた投資を行うことがいかに損を招くか思い知らされた。今日決定した今後の方針は以下である。

それぞれ関連する取引と一緒に記載する。

①決算前投資法をベースに進めていく。前から決定していたことだが、徹底すべきであった。

今後は、流行りやぞ!この波に乗らなくてええんか?とかマウント取ってくるバカを尻目に堅実に稼いでいこうと思う。決算関連以外の銘柄の話が出ている時はシケた顔をするのでよろしく。

【反省するべき取引】
・フリービットを100株全損切り。ようやくフリービットの損切り終了。本当に買うべきではなかったと反省。決算前投資法を死守していればまず見ることのない銘柄。-4545円。値段も腹が立つ。
・ACCESS100株を利確。+487円 自分の直感だったので多少儲けられたかも知れないが大して上がらず、上がる原因も特になかった。直感だったので仕方ないが、これも決算前投資法を死守していれば見ない銘柄。

【まあ良かった取引】
・エクスモーション(決算7/5)100株/200株を利確。+8306円。ホールドしている100株はかなり上がってから買ったような気がするが、未だに伸びている。

・その他、クリーク・アンド・リバー社(決算7/4)100株、キャリアリンク(決算7/5)100株/200株を損切り。それぞれ-913円、-1697円。結局そんなに損はしていない。決算前投資法マンセー。

・サイボウズ300株を購入。平気で伸びる。これが今手持ちの中での”決算以外の銘柄”である。このような階段状に伸び続ける銘柄を買い増しまくっていく。

※今考えると大和コンピューターとか儲けてた辺りはたまたまではあるが決算周りの銘柄を見てたような気がする。

②決算後投資法のスパンを1週間程度にすることにした。
・本日のパイプドHDの値動きを見て決定した。パイプドHDは決算こそとても良いものの、事前に期待され過ぎ、決算日の次の日は寄り付きで下落した銘柄である。しかし、その決算の良さから当日中に持ち直し、4日経過した今日ですら5%の伸びを見せていた。
→パイプドのような、決算が良いと皆が予想し期待され、案の定決算後に下落する銘柄は、しばらく待っていればじわじわと上昇してくるケースがある。そこを狙っていく決算後投資法で稼ぐ。

③長期投資はしない。するとしても1世紀単位で行う。

1年程度の長期持ちでは同価格以下になることも少なくない。実際、フィックスターズはずっとホールドしているが未だに上下し、1万もプラスにならない。長期投資という考えは捨てるべきと感じた。決算前投資法+細かく利確で攻めていく。

<持ち>
・フィックスターズ100株:+9650円 決算前投資法で持てる決算以外の株は1つまでなので、+10000超えたら利確しようと考えている。

・エクスモーション100株:+4676円 上がるねえ。決算前投資法マンセー。

・サイボウズ300株:+4119円 階段を作っている企業としか思えない。内200株は全く下がっていない段階で買ったが最終的に+になっているあたり縁を感じる。決算前投資法マンセー。

・キャリアリンク100株:-556円。 明日決算。必ず明日中に売るが、期待したい。