最低限の機材で自宅録音してみた(ギター/Zoom G3/MULTI STOMP(マルチストンプ)/m-track 2x2m/studio one)

スポンサーリンク

こんばんは、ワタナベです。

今日は私が日常的に行っている宅録の方法をご紹介したいと思います!

理系大学生上がりで初ボーナスを頂いたちょい後の私、もちろんお金などありません!
かなり簡単に実現できると思われますので、ぜひ参考にしてください!

※DAWはStudio oneです。

1.私のセッティング

まずおおまかな流れは以下のような感じです。

ギター→マルチエフェクター→(オーディオインターフェース、以下AI→)DAW

1つずつ解説していきます。

・ギター

ギターです。音はコイツから生まれるわけなので当然モノがいい方がいいです。私は大学時代にローンで購入したFender telecaster USA standard(定価20マンくらい?)を使ってます。

・マルチエフェクター(G3X)

ギターからマルチエフェクター(ZOOMのG3X)に繋いでいます。G3Xのアンプシミュレータ(Fender、Marshall、Diezelなど様々なモデリングがあります)を中心に音作りをします。8000円くらいで買いました。

現在は生産完了しており高くなっておりますが、代用品として“マルチストンプ(ZOOM)”という小型のマルチエフェクターが販売されており、こちらがオススメです。

・オーディオインターフェース(M-AUDIOのm-track 2x2m)

次にオーディオインターフェース(以下、AI)に繋いでいます。AIはざっくり言うと音を整える役割を果たします。今回はギターをチャンネル①(左下のケーブル)に刺しているので、左上のノブで”GAIN”をいじることができます。(単純にボリュームのみが上下するわけではないようです。)何も操作せずとも良い音・聞きやすい音になっていると思います。友人に借りたものですが14000円なり。

DAW:Studio one prime

最後にDAWです。私はもちろん無料のstudio one prime。でも決して無料だから使ってるわけじゃないですよ!

DAWで録音してギターの宅録音源完成です。

studio oneのインストール手順はコチラ

2.お安いセッティング!

私のセッティングを見て「機材とかよくわかんねえよ!」「そんな金ねえよ!」という方、朗報です!

・オーディオインターフェース(AI)を省略する

マルチエフェクターの中にはAIとして使えるものがあります。私のG3Xもそうです。
studio oneのソング→ソング設定→オプション→オーディオ設定で「オーディオデバイス」を「ZOOM G Series」に変更します。

こうするとG3XをAIとして用いることができます。
肝心の音ですが、今回はAIの有無で音がどう変わるか、比較してみましたので聞いてみてください!!

AIなし(G3Xのみ)

AIあり

※G3Xのエフェクトのセッティングは最後に書きます。

少しAIなしの方が音がチリついている感じに聞こえますが、AIなしでもイケるのでは・・・と思った人、多いんじゃないでしょうか。

AIをどうしても使いたくない、でも音源のクオリティは保ちたい・・・そんな方にオススメのセッティングです!!

このセッティングなら、今までバンドのみで活動していた人もすぐに宅録を始めることができますよ!!!

初めて真面目に音楽ブログを書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。

最後まで見てくれた方、ありがとうございました!!

※G3Xのセッティング

・ZNR(ノイズカット)→THRSH:9,DETCT:EfxIn,Level:100

・RackComp(コンプレッサー)→THRSH:50,Ratio:10,Level:121,ATTACK:1

・MS1959(アンプシミュレーター)

→Gain:40,Tube:35,Level:100,Trebl:88,Middl:45,Bass:50,Prese:85,CAB:MS1959 4×12

・Spring(ディレイ)→Decay:20,Tone:5,Mix:10,PreD:1,Level:100

参考にどうぞ。