株のカンタンな始め方!決算日の近い銘柄を買ってみよう

スポンサーリンク

始める速度だけは世界一、まず継続しない三日坊主の王、ワタナベです。

最近、私もとうとう株を見るようになり、5社程度株を買ってみるに至りました。
預金口座の利率はガツガツ削られ、これから資産運用がマストになる時代が恐らく来るでしょう。年金も支払われない、という話もあります。
やり過ぎなければまずそこまで自分のお金を失うことはないですし、株式投資を始めるメリットは大きいと思われます。

  とは言われても何から始めればいいのかわからない・・・

用語とか何もわからないしめちゃ勉強しないといけなさそう・・・

一度損したら心が折れそう・・・

このような人が多いのではないでしょうか。

なかなか始めの一歩が踏み出せないみなさんに、今回は株をスルッと始めるために最低限やるべきことを解説します!

1.ネット口座の開設

まずはお金のやり取りをするための口座を開設します。私は楽天証券にしていますが、何でもよいです。
どの証券会社の口座を選ぶかは、
・株取引の手数料の安さ
・見やすいかどうか
あたりで判断すればいいのではないでしょうか。

※ちなみに私が楽天証券にした理由は以下の記事で書いています!
(作成中)

この記事を読んでくださっているみなさんは、恐らくPCかスマホをお持ちだと思いますので、ネット口座以外を選ぶ理由はありませんよ。笑

電話で注文を出している方は即座にネット口座に切り替えましょう!電話は不便ですし(証券会社に詳細な相談を出来るというメリットはありますが、向こうも買わせたい商品があるでしょう、信用出来ません)、証券会社によっては、一度の取引でネット口座の場合と10000円以上の手数料差がついてしまうことも。

パパっとネット口座を開いちゃいましょう。話はそれからです。

2.基本的な株の仕組み

よく、「その会社についての悪いニュースが出ると株価が下がって、良いニュースが出ると株価が上がる」とか言いますよね。

私は最初、このことが自然現象なのではないかと思っておりました。同じこと思っている人いませんか?(私だけ?)

でも、違います。雨が降るから気温が低くなるとかとは全く違うのです。
ではなぜ株価が上がったり下がったりするのか。
それは人が株を買ったり売ったりするからです。

悪いニュースが出ると、その会社の株の価値が下がるので、持っていても仕方ないですよね。この場合人は株を売るわけです。
良いニュースが出ると、その会社の株の価値が上がるので、皆株を買います。

すなわち、

  • 悪いニュース→人が持ってる株を売る→株価が下がる
  • 良いニュース→人がその会社の株を買う→株価が上がる

という仕組みなんですね。

cat

売り注文の出ている株価でしか買えないし、買い注文の出ている株価でしか売れません。

いつでも株価を動かしているのは”人”なんですね。(ネコですみません)

この大原則を忘れないようにしましょう。

3.指値注文・成行注文・逆指値注文

いきなり専門用語が出てきますが怖がらずに読んで下さい笑
勉強フェーズはここだけなので我慢してください!

この節で解説するのは株の注文方法です。何の注文かって?
株を買いたいんですけど!株を売りたいんですけど!っていう注文です。

株は勝手に買ったり売ったりすることはできません。
証券会社に注文して売り買いします。

これから皆さんは株価を動かす側の人間になるわけですから、注文の形式くらいはさすがに知らないと株は始められません。

3-1.指値注文

まず、指値注文です。

値段を指定して株を買う・売るのがこの方法です。

例えば、今現在の株価(1株)が340円だったとして、これから下がりそうだとしたら、「320円まで下がったら勝手に買っといてください!」と注文を出すわけです。
また、売りの方に関しては、「360円まで上がったら勝手に売っといてください!」と注文を出します。

rat

そんな事出来るんだったら損しようがないじゃないか!

と思うかも知れませんが、指定した値段まで株価が上がるor下がるしないと売買出来ません。

もしあなたが現在値330円で「今日中に320円まで下がったら勝手に買っといてください!」という注文を出し、321円まで下がったけどまた上がって328円でその日は終了、ということになれば、その株は買えません。

値段は指定出来るが確実に買えるとは限らないというのが指値注文の特徴です。

3-2.成行注文

“なりゆき”注文と読みます。

成行き注文は、値段を指定せず、即座に売買出来る注文方法です。

買いならその時の一番安い値段で、売りならその時の一番高い値段で売買が可能です。
指値注文は売買出来ないことがありますが、成行き注文は必ず売買することが出来ます。

rat

即座に!?絶対儲けられますやん!

と思ったそこのあなた、成行き注文は早い者勝ちです。
自分の成行の買い注文よりも早く他の人の成行買い注文が入っていればその人の注文が優先されます。

当然、低価格の売り注文はすぐに買われてしまい、あなたは何だかんだ高値で買うことになってしまう・・・ということもあるわけです。

高値で買うことになるかも・・・安値で売ることになるかも・・・という際は、指値注文を選んでおくべきですね。
もし買えなくても、高値で買う・安値で売るハメになるのは避けられますからね。

3-3.逆指値注文

少し難しいですが、とてもよく使用される注文方法が逆指値注文です。

これはざっくりいうと、「条件付き注文」「if文」のようなもんです。

例えば、「350円の逆指値で、成行売り注文」であれば、株価が350円を切ったら「すぐ売ります!」という指値注文が出されます。すなわち保険をかけることが出来るということですね。

逆指値は指値注文、あるいは成行注文と同時に出すことが出来ますので、いつでもリスクヘッジが出来ます。

もっと詳しく知りたい方はコチラを参考にしてください。↓

https://media.rakuten-sec.net/articles/-/2844

4.安い、決算日の近い株を買ってみる

さて、株を買いましょう。(突然)

とは言っても、何年も同じ株を持ち続けて上がったところを売る・・・なんて待ちきれないですよね。

なので今回はおよそ1週間から長くて2週間で売る方針でいきましょう。

rat

いいニュースとか無いのに株なんて上がるのか・・・?

と皆さん思いますよね。そのとおりです。

いい情報悪い情報が無いと株価はあまり変動しません。
しかも、いつニュースが出るかなんて予想は不可能です。

ではどうすればいいんでしょうか。
確実に予想出来るニュースの日があるんですね。それが”決算日”です!

その会社の財務情報がわかる決算日。良くも悪くも株が変動します。

しかし実際この条件でも、

bird

決算が良いか悪いかわからない・・・・!

という方はいるでしょう。
安心してください。よりリスクを下げる方法をご紹介します。

前日あるいはその日までに手じまいすれば良いのです。
だいたい決算の1週間、2週間前までには、期待されている企業は決算に向けて株価が上がっていきます。

株価が上がるか下がるかを予想して、そのタイミングで売買をすればいいわけです!

まとめ

      • ・とりあえずさっさとネットで証券口座を開く
      • ・株価は基本的に人が売り買いすることで動く
      • ・売り注文の出てる株しか買えないし、買い注文の出てる株しか買えない
      • ・指値注文・成行注文の使い分け・逆指値注文のリスクヘッジは絶対する!
      • ・決算日の近い銘柄を買う!
      • ・決算日前日か当日までにてじまいする!

rat

どの銘柄選べばいいんだよおい!おいおいおいおい!!!!

って方は次の記事をご覧ください。

ちわ〜っすww 前回の記事で株式投資の手っ取り早い始め方について解説しました。↓ 決算日の前までにその時期待されている企業を見定...

では〜。